ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月27日

コロナ感染から4ヶ月、ヤースタインがようやく練習再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ルネ・ヤースタインは火曜午前、親指を立てて明らかに嬉しそうな表情を浮かべた写真を、自身のインスタグラムへと投稿していた。「心筋炎から4ヶ月、練習をできない日々を過ごしてきたが、今日、心臓に再びゴーサインが出されたという朗報があったんだ」と、36歳のGKは綴っている。

 同選手は4月はじめの代表参加期間中にコロナ感染が判明、その症状は重く、その後のシーズン全休を余儀なくされるほどで、ベルリン市内の病院へと入院して治療へとあたっており、今夏の準備期間開始時もまだ、心筋炎により運動自体を禁じられていた。今は「軽いトレーニングと筋肉増強」に取り組みながら、「またチーム練習に参加できるときを非常に楽しみにしているよ」と、ヤースタイン。

 一方のダルダイ監督も、「練習再開できてうれしいね」と喜びをみせつつ、「だからといって100%の負荷をかけさせるわけにはいかない。まずはしっかりと作り上げていくことだ」と強調した。ただそれに要する時間次第では、ヘルタは今夏に更なる動きにでるかもしれない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報