ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月31日

ボビッチSD、ネッツ移籍の流れとエケレカンプへの関心を認める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 金曜日にメディアとの質疑応答を行なった、ヘルタ・ベルリンのフレディ・ボビッチ競技部門取締役は、噂に挙がっているルカ・ネッツのボルシア・メンヒェングラードバッハ移籍について、「まだ決まっていないが、その方向で話は進んでいる」とコメント。

 左サイドならば前後でプレー可能な、昨季にプロデビューしたばかりの期待の若手の移籍を「残念」としつつ、それでも1歳年上のマルトン・ダルダイを引き合いに出し、十分なオファーを提示しても「受けてもらえないのならば、我々もその判断を受け入れなくてはならないものだ」と語った。

 その一方でヘルタでは、アヤックスのMFユルゲン・エケレカンプへの関心が伝えられているが、このことについても「関心を抱いている選手で、可能かどうかを検討しているところだよ」と認める発言。ただ基本的にこの夏の移籍市場は、昨年夏と比較してさらに冷え込んでいると見ており、コロナ・パンデミックによる資金不足に「投資は慎重に扱っていくべきものだ」と強調している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報