ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月06日

ヘルタとアウグスブルク、ドイツ東京五輪代表選手をトレードか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現在ヘルタ・ベルリンでは、マルコ・リヒターの獲得を目指しており、その代わりにアルネ・マイアーのFCアウグスブルク移籍が迫っているところだ。すでに昨夏にもリヒターは新たな挑戦の場を求めており、1年越しの念願がおそらく叶うことだろう。キッカーが得た情報によればそのために、ヘルタは移籍金800万ユーロを投じるようだ。

  その一方でアウグスブルク側は今夏、U21欧州選手権を制したニクラス・ドルシュに続き、アルネ・マイアーを迎えることになる模様。当初はレンタルとなるが、買い取りオプションも付随するとみられ、昨季もビーレフェルトにレンタル移籍していた同選手にとっては2年連続での移籍ということに。

 一方で9年間アウグスブルクに在籍し、近郊出身のリヒターにとっては、1つの時代の終焉を意味することにもなる。2012年にバイエルンのユースから加入し、2017年にプロへと転向したオフェンシブオールラウンダーは、これまでブンデス97試合に出場して12得点をマークしていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報