ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月27日

ヘルタ、オリヴァー・クリステンセンをオーデンセから獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 この夏の移籍市場もいよいよラストスパートを迎えた頃、ヘルタ・ベルリンはここにきて更なる動きへと出た。GKオリヴァー・クリステンセンを長期契約にて獲得。22歳のゴールキーパーは昨年、デンマーク代表としてデビューも果たしており、また同国のオーデンセBKでは数年前から守護神として活躍。ブンデス2部ハンブルクも、長期にわたり関心を示していたが、最終的にはヘルタへと軍配があがった。

 ボビッチ競技部門取締役は「将来性ある優れたゴールキーパーであり、うちのGK陣を完璧に補完してくれる存在だ」とコメント。メンゲルGKコーチは「GKの量と質の両方を高めてくれる」との期待感を示している。確かにヘルタではルネ・ヤースタインが控えてはいるものの、今春にコロナ感染、そして心筋炎を患いまだリハビリの最中にある。そのため今回4年契約を締結した22歳には、守護神シュヴォロウとの定位置争いが期待されているところだ。


 その一方でヘルタ・ベルリンでは、オランダのAD紙がMFユルゲン・エケレカンプの獲得を巡り、アヤックスと合意と報道していたが、このことについてフリードリヒSDは「合意はない」と明言。「良好な話し合いはしているが、ただ現時点ではまだ合意には至っていないよ」と付け加えた。また先日にクーニャ売却に成功しているヘルタでは、現在「ウィングを求めていることは確か」とも同SDは認めており、「日々努力を続けているが、
まだ我慢も必要かもしれない」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報