ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月28日

ヘルタ、アヤックスからユルゲン・エッケレンカンプを獲得

Hertha BSC Berlin
ヘルタBSC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りヘルタ・ベルリンはアヤックス・アムステルダムより、ユルゲン・エッケレンカンプを獲得したことを発表した。すでに7月の時点でフレディ・ボビッチ競技部門取締役は、22歳のMFに対する関心を認めていたものの、しかしながら契約をあと1年残していた獲得交渉は長期化。だが先日のマテウス・クーニャの売却により、クラブ側に交渉材料が増えたことが進展をみせたきっかけにもなったことだろう。

 これから新たに背番号10を背負うことになる同選手について、ボビッチ氏は「そのポテンシャルにより、うちのオフェンスプレーに新たな刺激をもたらしてくれることだろう」と獲得への喜びを語り、またエッケルカンプも「移籍がうまくいってうれしく思う。ヘルタは素晴らしいクラブだし、ブンデスリーガは興味深いリーグだ」と述べた。新たな契約期間は2025年まで。

 CMFとしてもトップ下でもプレー可能な同選手は、昨季アヤックスではリーグ戦15試合に出場。うち11試合は途中からの出場にとどまっており、それはあくまで中盤における激しい定位置争いの煽りを受けた格好であり、ヘルタ以外にも国際的なクラブからの誘いをうけながら、今回はドイツの首都での挑戦を決断。これによりヘルタはこの1週間で、イシャク・ベルフォディル、オリヴァー・クリステンセンに続き、3人目の新戦力獲得に成功した。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報