ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月27日

ケンプ獲得のヘルタ、シュタークとトルナリガも復調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜日にVfBシュトゥットガルトから、マーク=オリヴァー・ケンプを獲得した、ヘルタ・ベルリン。さらにドイツ杯ウニオン戦にて中足骨を負傷したニクラス・シュターク、そしてその直前の最終調整で足首を負傷したジョーダン・トルナリガも、その後のバイエルン戦で欠場していたが、水曜から練習復帰。一気にセンターバックに関する問題から解放された格好だ。

 ちなみにヘルタは今冬、左サイドバックにフレドリク・アンドレ・ビェルカンを獲得。そして今回は左利きのセンターバック、マーク=オリヴァー・ケンプの獲得によって、左側の守備陣の強化をはかった格好。

 ただコロナや負傷の影響によりビェルカンは、週末のバイエルン戦まで離脱となっていたが、コルクート監督は同選手の印象について「非常にダイナミックな動きをみせる、ペースメーカー。非常に勇敢で、とても精力的で、規律をもった選手だよ」と評した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報