ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年12月03日

【ホッフェンハイムvsケルン】ナーゲルスマン、フォクト復帰に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

vogt800-1480595384
【試合前コメント】
ユリアン・ナーゲルスマン(監督:レヴァークーゼン)
…前回のポカールではケルンに敗戦
本来は決まっていたはずのゴールがカウントされていなかったしね、あの敗退は辛いものとなったよ。今回は勝利してポカールの分を取り返したいと思う。

…ケルンについて
ディフェンス面で力強いし、ここまで8失点しか許していない。加えてとてもいいカウンターももっている。それにいま絶好調のFWも擁しているよ。運にも恵まれたところがあるし、流れに乗っているね。でもこれまでのいい仕事の蓄積による結果ともいえるよ。

…大腿筋を負傷したデミルバイについて
プレーすることはできない。復帰時期もいまのところは未定だ。

…フォクトには復帰の可能性
土曜日に間に合うかどうかはまだ確定していない。しかし彼は非常に重要な選手だよ。新しいポジションでとてもうう成長をみせ、チームに安定感をもたらしてくれている。ヴォイスリーダーでもあり、それは周囲の若手選手にも好影響をもたらすものだ。それにビルドアップにも長けており、存在感をみせているよ。復帰できればいいね。

…若手オクスについて
非常に若い選手で既にブンデスで主力である必要はまだないんだ。左サイドならばどこでもうまくやれる能力を持っているし成長を見せている。常に全力プレーを心がけており、今夏にはユーロ2016もあった。なかなか休まる時間がない、負傷の怖さがあるんだ。大切に扱わないと。これからの選手なんだから。彼のことは好きだし、選手も辛いだろうが私も辛い。しかし成長段階だから。

パトリック・オクス(DF:ホッフェンハイム)
もちろん辛いところはあるけど、でも若手には我慢が必要なことはわかっているし、毎日の練習で全力を尽くすよ。必要とされたときにしっかりとアピールする。ナーゲルスマン監督が評価してくれているのはわかっているし、それは僕も同じことだよ。監督からの言葉は嬉しいしここでずっとがんばっていきたい。

ホッフェンハイム先発予想:バウマン – ビチャクチッチ, ズーレ, B. ヒュブナー – カデラベク, ツーバー – ルディ – Nad. アミリ, ルップ – ワグナー, クラマリッチ

【試合前コメント】

ペーター・シュテーガー(監督:ケルン)
…ヘガーの負傷でエズカンにチャンス?
比較的安定しているし確かにマッチする選手だ。彼が出場の機会を得ていることはみあったものだし、決してプレゼントされたようなものではない。ただまだ彼に求めているところはあるし、彼もそれを理解している。フレッシュマンだし時間も必要だよ。ただあの年齢としてはいい道を歩んでいるさ。

ミスは誰でもするものだし、どう取り組んでいるかをみることだ。恐れることなく、存在感を示して、責任をもってやってほしい。

…公式戦ではケルンでの敗戦以外無敗のホッフェンハイムが相手
いいじゃないか。ポカールだけでなく、リーグ戦でも勝てるか。彼らに最初の土をつけられるか見てみよう。難しい試合だが、興味深い試合だよ。

…就任以来ホッフェンハイムには無敗
確かに彼らには負けたことがない。しかし別の流れになる可能性だってあったさ。それは土曜日だっていえることだよ。

…これからドルトムント、ブレーメン、レヴァークーゼン戦
いい対戦カードが控えているよね。とても刺激的さ。ここまでいい形で勝ち点を重ねてきているし、秋はいい形で乗り切ることができた。残り4試合もこういった感じでいきたいものだね。

ケルン先発予想:ケスラー – ソーレンセン, マフライ, ハインツ, ラウシュ – エズカン, J. ヘクター – リッセ, ツォラー – モデスト, 大迫勇也


  • ブンデスリーガ・各チーム情報