ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年06月26日

ホッフェンハイムの若手MFメースが、ウニオン・ベルリンへ

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブンデス2部ウニオン・ベルリンは、TSGホッフェンハイムからジョシュア・メースを獲得したことを発表した。ザーランド生まれの22才とは、3年解約を締結。背番号は8を身につける。

「ジョシュア・メースは将来有望な若手選手だ。昨季はプロリーグの中でコンスタントにプレーし、2部で印象を残しているよ」と、ウニオン・ベルリンのオリヴァー・ルーネルト代表は評価。「さらに成長してもらいたいし、それができると確信している。オフェンスの補強につながる」と自信をみせた。

ザールブリュッケンで育成されたメースは、2011年にホッフェンハイムのユースへと移籍。左サイドを主戦場とし、U19で57試合に出場して33得点をあげる活躍を披露。U23では4部32試合に出場して12得点をマークし、昨季はレンタルで2部昇格組のレーゲンスブルクへとレンタル移籍している。そしてそこでは公式戦24試合に出場し、6得点4アシストをマーク。

181cmのMFは「僕にとってウニオンへの移籍はキャリアの前進。ブンデス2部は経験しているし、どういうことが待っているかもとてもよく理解しているよ。ウニオンは素晴らしいクラブ。とても楽しみだよ」と意気込みを語っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報