ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月06日

新シーズンに向け燃えるビチャクチッチ、残留か移籍か

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


エルミン・ビチャクチッチといえば、熱血漢で知られるボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFだ。その様子は、今夏は代表戦参加のために眺めの休暇にあった中、迎えた金曜日にすでにホッフェンハイムの練習場でみてとれている。

昨シーズンは決して、28才のセンターバックにとって、満足のいくシーズンとはならなかった。前十字靭帯を過度伸展や、内転筋に問題を抱えるなど、負傷もその大きな要因となったが、出場したリーグ戦は9試合のみ。CL予選1試合という結果に終わっている。

ユリアン・ナーゲルスマン監督は月曜日に、どの選手にもアピールのチャンスはあるとの考えを強調してはいるのだが、しかしながら2020年まで契約を残す同選手の売却金額としては、200〜300万ユーロが見込まれており、すでにドイツ、イタリア、トルコ、イングランド等からの関心が伝えられているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報