ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月30日

フィリップ・オクスにブンデス2部から強い関心

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今シーズン最初の公式戦を3週間前に控え、今夏の二次キャンプをスタートさせたTSGホッフェンハイム。前十字靭帯断裂のルーカス・ルップは帯同が見送られ、大腿筋の腱を負傷しているデニス・ガイガーは、キャンプには帯同しているものの別メニューをこなしている。

そしてフィリップ・オクスに関しては、まもなく移籍成立のための暇が与えられる可能性があるだろう。U21代表FWに対しては海外の1部のクラブ、そしてブンデス2部のクラブから強い関心が示されており、ホッフェンハイムとしてはまずは今季いっぱいまでとなっている契約を延長した上で、今年いっぱいはレンタルで武者修行にあてるプランだ。

またベテランCBエルミン・ビチャクチッチについても、まもなく移籍する可能性があり、現在はブンデス2部ハンブルガーSVと、トルコ1部トラブゾンスポルからの関心がよせられている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報