ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月31日

ホッフェンハイム、クラマリッチに「法外なオファーがあれば査定せざるをえない」

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏にロシアで行われたW杯では、準々決勝ロシアv戦で得点を決めるなど、主力として決勝進出へ大きく貢献する活躍をみせたアンドレイ・クラマリッチ。その点取り屋としてみせた活躍については、他クラブの目にも好印象を与えるものであり今夏の移籍の可能性も指摘されているところだ。

 しかしアレクサンダー・ローゼンSDは落ち着いた様子をみせ「ホッフェンハイムとしては決してそんなことは言えない。とてつもないオファーが来るなら、単純にその評価をしなくてはならないものだよ。6000万ユーロのオファーが届いて、それを無視することなどできないものさ」と説明。

 「しかしね、アンドレイは来週ここに戻って来る時を楽しみにしているだろう、と皆なさんに伝えることができるよ。それが変わることはないと強い確信を抱いている」と、非常に落ち着いた姿勢を強調している。


 その一方で、若手FWフィリップ・オクスについてはレンタル移籍を模索している所であり、「来週に海外のクラブとの話し合いを行うよ」とのこと。「ブンデス2部の複数のクラブからの関心も寄せられている。通常通り練習に参加して、そしておちついて何が意義あることなのか一緒に話し合っていくよ」と述べており、kickerが得た情報によれば有力視されているのはザントハウゼン、そして北欧のクラブとなっているようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報