ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月17日

W杯準優勝クラマリッチが、ホッフェンハイムと延長

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今冬にも移籍金3000万ユーロ以上が提示されていたことが伝えられた、アンドレイ・クラマリッチ。昨季はリーグ戦13得点8アシストをマークするなど飛躍を遂げた同選手は、さらに今夏にロシアで行われたワールドカップにて、クロアチア代表として準優勝。

 今夏には再び数多くの噂が浮上していた27才のFWだったが、しかしながら金曜日にはホッフェンハイムとの契約を、2022年まで延長したことが発表されている。アレクサンダー・ローゼンSDは「このような選手との契約更新は、ホッフェンハイムにとってクラブとしての立場を力強く示すものだ」と喜びのコメント。

 2016年にレスターから出場機会を求めてホッフェンハイムへとレンタル移籍し、その後に完全移籍を果たしオフェンスの主力として牽引しつづけてきたクラマリッチは「この2年半の間で、このクラブは本当に素晴らしい飛躍を遂げてきた。全てがうまくいっているし、僕自身ここでとても居心地よく感じている」と述べ、「これらもこの飛躍のためにぜひ貢献していきたいと思ったんだ」と、延長を決断した理由について説明した。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報