ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年08月17日

ホッフェンハイム、アミリが中足を手術。しばらく離脱へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ユリアン・ナーゲルスマン監督は、昨シーズンと同様に中盤の離脱者に悩まされながら今シーズンを迎えることになった。先日はケレム・デミルバイが外側側副じん帯を損傷したことが伝えられたばかりだが、さらにナディーム・アミリも中足を手術。こちらもシーズンの出だしでは不在となることが明らかとなっている。

 すでにkickerでは、エイバルとのテストマッチ以降トレーニング参加を見送っていることをお伝えしており、さらにドイツ杯初戦カイザースラウテルン戦でも出場についても疑問視していた。
 
 U21ドイツ代表MFは昨季にも2度にわたり足の打撲で離脱を余儀なくされており、早期復帰を目指した結果さらに悪化をみせて復帰が延期されたという経緯がある。そして今回については、クラブ側の発表によれば、左中足に疲労骨折が確認されたとのことで、手術を受ける必要があったとのこと。

 さらにホッッフェンハイムの中盤では、今回のカイザースラウテルン戦では、フロリアン・グリリッチュの出場も危ぶまれているところだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報