ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月20日

ホッフェンハイム、好調ジョエリントンが負傷で練習不参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ジョエリントンの出場が危ぶまれている。火曜午前に行われたTSGホッフェンハイムの練習場では、ここのところ好調なパフォーマンスをみせるブラジル人FWの姿が見受けられなかった。

 すでに先週の時点で、同選手は鼠径部を抑える仕草を見せており、それから治療を受けていたものの、まだ22才の若き点取り屋の痛みは悪化。内転筋に問題お抱えているようだが、kickerが得た情報によれば、組織的な負傷はみられず、むしろ筋肉に硬化がみられている模様。

 2015年にレシフェからホッフェンハイムへと加入した、身長192cmのジョエリントンは、昨季までの2年間にわたりオーストリア1部ラピド・ウィーンへとレンタル移籍。今夏からは再びホッフェンハイムでプレーしており、ここまでリーグ戦11試合全てに出場。4得点、5アシスト、kicker採点平均2.83と好成績をおさめているところだ。

 さらにフロリアン・グリリッチュも練習参加を見合わせている。オーストリア代表MFは、シャルケ戦にてつま先の腱を断裂。長期離脱へと入っている。また若手MFデニス・ガイガーとナディーム・アミリも火曜日は休息を取り徐々に負荷を増していく方針。その一方でベンヤミン・ヒュブナーはフルメニューをこなしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報