ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月27日

CL初勝利を目指すホッフェンハイム、ここまで全4試合で連続失点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ここまでのチャンピオンズリーグ4試合では、まだ一度も勝利も、そして無失点試合さえも演じられていないTSGホッフェンハイム。週末に行われたリーグ戦、ヘルタ・ベルリン戦では3−1から同点に追いつかれており、「しっかりと守れていなかった。だから勝利にはふさわしくはなかったということさ」と、ユリアン・ナーゲルスマン監督。

 ただその一方で「これまでにも選手たちは叱責を受けているし、私としてはオープンに、誠実に分析を行っていくということ。そして誰のこともスケープゴートなどにしたくはない。だから誰の名前もあげるようなことは決してしないよ」との考えを強調した。

 何と言っても今回の意義はEL進出を争うシャフタールとの直接対決を制すること、そしてCLのグループリーグ突破にも望みをつなげること、そしてその結果クラブ史上初のCL勝利をあげたいところだが、エルミン・ビチャクチッチは相手の印象について「パワーとスピード」 のバランスが取れたチームだと指摘。

 さらに指揮官も「意欲的に、気持ちの入ったプレーを攻守に渡ってみせていかないといけないよ」と述べ、特に次節ではホッフェンハイムはマンC戦が控えていることからも「今回の相手はドローでもOKだという考えだろう。だから我々としては攻撃的にプレーすることになる」との見方を示している。「あと守備面での意欲と素早さだね」

【ホッフェンハイムの先発予想】
バウマン – アクポグマ, フォクト, ビチャクチッチ – ブレネット, デミルバイ, N.シュルツ – グリフォ, クラマリッチ – ジョエリントン, ベルフォディル
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報