ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月01日

ホッフェンハイムのノルトヴァイトが、フラムへとレンタル移籍

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 TSGホッフェンハイムのハヴァルト・ノルトヴァイトが、残りの後半戦を再び、プレミアの舞台へと移すことを決断した。これまでアーセナルやウェストハムでプレーした経験をもつ同選手だが、今回は元ドイツ代表シュールレが在籍する、プレミアで下位に甘んじているフラムへとレンタル移籍。

 ノルウェー代表として45試合に出場した経験をもつ、28才の守備のオールラウンダーは、これまでブンデスでは1.FCニュルンベルク、ボルシア・メンヒャングラードバッハなどでもプレー。ブンデス1部通算194試合に出場しており、今季はここまでリーグ戦8試合、CL3試合に出場していた。

 アレクサンダー・ローゼンSDは「フラムから水曜に魅力的なオファーが届いたんだ。それから密に、そしていい話し合いをノルトヴァイトと行い、そして競技面でも意義のある今回の決断を下すことにした」と説明。「素晴らしい人物であり、経験豊富な選手なのだが、しかし負傷により今季はコンスタントにそのパフォーマンスを発揮できずにいたんだ」と言葉を続けている。なおホッフェンハイムとの契約期間は2022年まで。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報