ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月11日

ホッフェンハイムのローゼンSD、シャルケ等から関心も契約延長へ

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現時点ではアレクサンダー・ローゼンSDとの契約を、来シーズンいっぱいまでとなる2020年まで残しているTSGホッフェンハイムだが、kickerが得た情報によれば同氏との契約延長はもう間も無く行われることになりそうだ。

 40才となったアレクサンダー・ローゼン氏は、2013年はじめに成績不振等により解任となったアンドレアス・ミュラー氏の後任としてユースセンター長から昇格すると、同じく就任したばかりのマルクス・ギズドル監督と共に1部残留に成功。そしてユリアン・ナーゲルスマン監督体制となった2016年には4位、その翌年には3位と上位争いを演じるクラブへの発展に導いている。

 ただそのナーゲルスマン監督は来季よりRBライプツィヒへと移籍することが発表され、ローゼン氏に対してもハンブルク、ヴォルフスブルク、シャルケ等の名前があがっていたのだが、先日招聘したアルフレッド・シュロイダー氏と共に、これからも引き続きTSGホッフェンハイムで従事していくことになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報