ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月08日

ホッフェンハイム、敏腕SDアレクサンダー・ローゼン氏と延長

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りTSGホッフェンハイムは火曜、アレクサンダー・ローゼンSDとの契約を延長したことを発表した。これまで同氏との契約は来季いっぱいまでとなっていたものの、新たな契約期間は2023年に設定されている。

 マネージャーを務めるペーター・ゲルリヒ氏は「彼のクレバーかつ勇気ある、そして幅広い移籍ポリシーが、このクラブがここ数年みせている飛躍に大きく貢献してくれている」と評価。

 2009年に当時U23の選手としてホッフェンハイムに加入したローゼン氏は、その4年後にSDへと就任。それまで残留争いを演じていたクラブをヨーロッパリーグ、さらには今季クラブ史上初となるチャンピオンズリーグ出場へと導いている。

 「このクラブは、私にとってただのクラブではない」と強調したローゼン氏は、「これほど責任あるポストに、これで10年間に渡ってつかせてもらえる。ここでの特別さを、そして大きな信頼を実感している」と延長への喜びを語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報