ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月08日

ホッフェンハイムのロビン・ハック、ニュルンベルクへ移籍

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来季は再びブンデス2部での戦いを迎える1.FCニュルンベルクは、TSGホッフェンハイムからロビン・ハックを獲得したことを発表した。契約期間は4年。「ロビンは将来有望な素質をもった選手であり、ここでプロとして地に足をつけていけると確信している」と、ニュルンベルクでマネージャーを務めるパリクカ氏はコメント。

 これによりニュルンベルクはハノーファーからオリヴァー・ゾルク、マグデブルクからフェリックス・ローンケンパーに次ぐ、3人目となる新規獲得選手を迎え入れたことになり、kickerが得た情報によれば移籍金は50万ユーロ。ただしホッフェンハイム側には買い戻しオプションも付随されたようだ。

 攻撃的ポジションであればフレキシブルに起用可能なドイツU20代表は、今季はホッフェンハイムの下部チームにて、ブンデス4部相当26試合に出場。そのなかで4得点をマークしており、トップチームではCLマンチェスター・シティ戦にて終盤から出場を果たしていた。

 「ニュルンベルクはとても熱心に声をかけてくれていたし、興味深い将来性を示してくれた。ホッフェンハイムで良い時間を過ごさせてもらったし、次のステップに向けて正しい場所だと思う。ぜひチームの成功に貢献していきたい」と、ハックは意気込みをみせている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報