ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月22日

ホッフェンハイム、若手リベイロが武者修行先を模索

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に迎えるブンデスリーガ第2節となるホーム戦では、おそらくはTSGホッフェンハイムはベンヤミン・ヒュブナーを欠いて臨むことになりそうだが、さらに若手ルーカス・リベイロも欠場。こちらはまもなく移籍が成立する見通しとなっている。

 どうやら微妙な状況へと追い込まれたようだ。ベンヤミン・ヒュブナーは、水曜日に行われた練習にてチーム練習不参加となっており、二日後に迫ったヴェルダー・ブレーメン戦でのふっきの チャンスは小さなものとなっている。

 先週金曜日に30才のセンターバックは、昨季にも脳震盪で長期間にわたり離脱を余儀なくされていたが、ふたたび強烈なシュートを受けており、今回は東部ではなく首付近で組織的な損傷も見受けられていないものの、筋肉が腫れた状態のために練習参加を果たせていないところだ。そのため大きな改善が見られれば、週末での出場への可能性がでてくることだろう。

 またアンドレイ・クラマリッチについても、膝の痛みに悩まされてチーム練習参加をはたせず、いまもなお別メニューでの調整が続いているところ。復帰の時期はいまだ不透明となっており、加えてシュテフェン・ツーバーも、前節のフランクフルト戦で受けた足の打撲により、水曜日の練習参加をみあわせた。

ルーカス・リベイロが、複数のクラブと交渉

 ブラジル人の若手ルーカス・リベイロも、この日は練習に姿をみせていない。kickerが得た情報によれば、今冬に移籍金300万ユーロで獲得した20才の守備のスペシャリストは、複数のクラブとの移籍交渉に臨んでおり、高いレベルでの武者修行を積むために新天地を模索している模様。

 なおホッフェンハイムでは最近でも、同じブラジル人のジョエリントンが、オーストリアへと武者修行にわたり、復帰後は主力選手の一人として活躍。そしてこの夏に、移籍金4500万ユーロでニューカッスル・ユナイテッドへと売却された成功例がある。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報