ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月28日

アンドレイ・クラマリッチ、関節内視鏡検査で更に離脱

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これまで右膝の痛みから、なかなか解放されない日々が続いている、アンドレイ・クラマリッチ。昨夏のワールドカップで内側側副じん帯を損傷した、同じ右膝に問題を抱えており、この夏の準備期間の大半を棒にふる結果となった。

 そして同選手が関節内視鏡による検査を受けたことが発表。つまりは、痛みの原因はいまだに不透明となったままということなのだろう。これからもその疑問が明かされることは延期となり、つまりは引き続き、ホッフェンハイムのオフェンス陣において最も重要な選手の一人を欠いてシーズンに臨むことを余儀なくされる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報