ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月09日

デニス・ガイガー、負傷でドイツU21に帯同せず

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 SVズルテ・ワレヘムのアイケ・バンゼンが負傷を抱えたことを受け、ドイツU21代表シュテファン・クンツ監督は、1.FSVマインツ05よりフィン・ダーメンを追加招集する判断をくだしたが、さらに木曜のスペイン代表との親善試合を前に、TSGホッフェンハイムのデニス・ガイガーがひとまず帯同を見送ったことが明らかとなった。

 同選手は先日に行われたバイエルン戦にて筋肉系の問題を抱えているとのことで、kickerに対してクンツ監督が明かしたところによれば、このままドイツにとどまり金曜日まで出場の可能性を見極めていくとのこと。

 また脳しんとうを抱えるVfLヴォルフスブルクのルーカス・ヌメチャも今回は欠場し、来週火曜のボスニア戦からオプションとなる見通し。さらにマインツのリドル・バクー、ニュルンベルクのロビン・ハックらについても、負傷のために出場が危惧されている状況だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報