ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月14日

ホッフェンハイム、今度はベルフォディルが膝を手術!

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 TSGホッフェンハイムに「残念な知らせ」が届いた。イシャク・ベルフォディルがこれからしばらくの間、離脱を余儀なくされることになる。これはクラブ側より正式に発表されたもので、大型FWはこれから膝の手術を受けることになるという。

 同選手は昨シーズンの最終節1.FSVマインツ05戦にて靭帯を損傷。手術は回避し、保存療法によって回復をはかったが、第5節のVfLヴォルフスブルク戦にて再び痛みを抱えたとのことで、ただしkickerが得た情報では断裂したというわけではないようだ。

 先日、アレクサンダー・ローゼンSDは、「この離脱は非常に残念なものだし、イシャクには順調に回復してもらいたい。できる限りのバックアップを尽くす」と語った。昨季後半戦だけで12得点をマークしたイシャク・ベルフォディルだが、今季はここまで0得点0アシスト。さらにホッフェンハイムでは、アンドレイ・クラマリッチが膝の負傷に悩まされ手術。いまだ未出場が続くなど、オフェンス面で大きな問題を抱えている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報