ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月15日

ホッフェンハイム、クラマリッチとベブーの次節出場が疑問視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節の1.FCケルン戦にて負傷を抱えたサルギス・アダムヤンとルーカス・ルップが、リハビリコーチと共に別メニューをこなす姿が見受けられた、TSGホッフェンハイム。しかしながらいずれの選手ともに、代表戦期間明けに行われる1.FSVマインツ戦での出場に支障はないようだ。

 ただその一方でいまだ不透明のままとなっているのが、イフラス・ベブーである。膝に負傷を抱えたFWは、木曜日にはまだボールを使った練習を行うことができておらず、トーゴ代表参加も辞退。

 逆にクロアチア代表から戻ってきたのがアンドレイ・クラマリッチであり、こちらは膝の手術を行なった代表チームの医師の診察を受けにいったところだが、まだチーム練習参加は見送られており、マインツ戦での出場は時間との戦いという様相を呈している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報