ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月20日

前節に昨季指揮官と対戦したアダムヤン、今節も同じバイアーロルツァー監督と対戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 火曜午前にTSGホッフェンハイムは2時間半にわたり、集中的かつ密度の濃いトレーニングを実施。ハヴァルト・ノルトヴァイトはフィジカルコンタクトを避けトレーニングを行ったが、ただ日曜に行われたドイツU21vsベルギーU21代表戦にて、終盤に交代を余儀なくされていたデニス・ガイガーの姿は見受けられなかった。

 ホッフェンハイムでは中盤を担う存在でもある若手MFは、交代の際に大腿筋裏を抑えており、クラブ側の発表によりば組織には損傷はみられなかったとのこと。そのため今週中でのチーム練習復帰が見込まれているところだ。

 また膝の負傷を抱えるアンドレイ・クラマリッチと共に、前節のケルン戦にて負傷を抱えていたイフラス・ベブーサルギス・アダムヤンもまた、別メニューでの調整を行っていたもののいずれの選手も代表戦明けに行われる、1.FSVマインツ戦までの復帰が期待されているところだ。

 ちなみに前節のケルン戦でアダムヤンは、昨季にブンデス2部レーゲンスブルクにて指導を受けていたアヒム・バイアーロルツァー監督と再会、そこで対戦を果たしていたものの、その後に退任となり今節対戦するマインツの監督へと就任したことから、アダムヤンにとってはバイアーロルツァー監督との連戦という、少し奇妙な対戦が続くこととなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報