ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月27日

オランダリーグ打ち切りで、レンタル終了のホーグマとブレネット

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 オランダ1部エールディビジが、リーグ戦を中断しこのまま終了する決断を下したことにより、TSGホッフェンハイムはそこでレンタルへと出していた2選手、ジャスティン・ホーグマとジョシュア・ブレネットの今後について検討をしていかなくてはならない。
 
 特にセンターバックを主戦場とするホーグマは、FCユトレヒトにて豊富な実戦経験をつむことに成功しており、左利きの21才に対して再び、ブンデスリーガの舞台でチャンスが与えられる可能性はあるといえるだろう。

 ただその一方でジョシュア・ブレネットに関しては、ホーグマより1年長い2022年まで契約を残してはいるものの、前半戦ではシュロイダー監督の下で出場機会を得られず、レンタル先のフィテッセでも思うようにことは運ばなかった事から、26才のSBにとっては苦しい立場のままということに変わりはない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報