ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月04日

ホッフェンハイム、ブルン・ラーセンが今節欠場濃厚

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ベンヤミン・ヒュブナー、フロリアン・グリリッチュ、そしてパヴェル・カデラベクの3選手不在のなかで、TSGホッフェンハイムのアルフレッド・シュロイダー監督は、先週末に行われた1.FSVマインツ05とのアウェイ戦へと臨むことを余儀なくされた。そのなかで最終的に1−0と勝利をおさめることに成功しており、今週末の試合ではいずれの3選手ともにオプションとなる見込み。
 
 ただその一方でヤコブ・ブルン・ラーセンについては、その前節のマインツ戦の前半にて、内転筋に問題を抱えたために交代を余儀なくされており、今のなお別メニューでの調整が続いているところ。週末の試合では欠場を余儀なくされるだろう。

 しかしながら同じく内転筋に問題を抱えていたグリリッチュについては復調を見せているが、いきなり先発起用できるところまで回復しているかは不透明。また前節を個人的な理由により欠場していたカデラベクについては先発起用の可能性が高いだろう。それは累積警告による出場停止あけとなる、ベンヤミン・ヒュブナーについても同様のことが言え、そのため指揮官は特に守備面においてオプションが増すこととなった。

 それではブルン・ラーセンの代わりに左ウィングへと入る選手は誰か?マインツ戦では途中出場からベブーが得点を決めてアピールしており、中にダブール、右にスコフをじゃ位置した先発布陣が考えられる。またいずれのポジションにおいても、クリストフ・バウムガルトナーもまた先発候補の一人だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報