ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月14日

ホッフェンハイム、ポッシュとカデラベクが離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 TSGホッフェンハイムはこれからしばらくの間、シュテファン・ポッシュパヴェル・カデラベクを欠いて、シーズンへと臨むことを余儀なくされた。日曜日に行われたドイツ杯初戦ケムニッツ戦にて、前半20分にはカデラベクがブレネットと、後半70分にはポッシュがヌフとの交代していた。

 なおクラブ側の発表によれば、両選手ともに重度の打撲を受けており、CBのポッシュはすねに、SBのカデラベクは大腿にそれぞれ抱えているとのこと。これによりホッフェンハイムは、開幕直前に主力DF2選手不在という事態へと陥ることになる。

 ちなみにこの試合では延長戦で一度はリードは許し、なんとかPK戦で勝利をおさめる苦しい戦いを強いられたが、そもそも試合前から主将ベンヤミン・ヒュブナー(足首)とハヴァルト・ノルトヴァイト(足の骨折)の二人のDFに加え、FWでもロベルト・スコフ(足首)とムナス・ダブール(筋肉系の問題)が欠場していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報