ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月16日

ホッフェンハイム、ヒュブナーが引き続き欠場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 前節のアイントラハト・フランクフルト戦では、TSGホッフェンハイムのセバスチャン・ヘーネス監督は左足の関節胞を靭帯を損傷していたベンヤミン・ヒュブナーについて、間も無くの復帰への期待感を示していたのだが、しかしながらあれから2週間が経過する今回のボルシア・ドルトムント戦でも引き続き欠場することを明らかにした。「まだ負傷を抱えている状況なんだ。だから出場することはできない」

 また新型コロナウィルスへ襲われたことが明らかとなったチェコ代表参加中のパヴェル・カデラベクについても指揮官は不安を覚えているところであり、「特にコロナの件についてパヴェルと連絡をとってきた。もちろん無事に戻ってこれると大いに期待している」とコメント。ただそれでもまずは、コロナ検査の結果を待つことにかわりはない。

 その一方で先日にシャルケから復帰したセバスチャン・ルディについては、今回の代表戦期間を利用して2週間に渡り練習へと参加。「離れていたことを忘れるくらいさ。すぐに馴染んでいるし、彼自身も大いに喜びを感じているようだね。私と同様に」と述べ、同じく新加入ながらイングランドU21に参加していたライアン・セセニョンと共に「二人ともオプションだ」と明言。「ライアンは今日はじめて練習に参加したが好印象だね」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報