ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月29日

ホッフェンハイム、クラマリッチには軽い症状が出た

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 明日木曜にヘントにて行われるヨーロッパリーグGL第2戦を迎えるとき、TSGホッフェンハイムではカシム・ヌフ(ガーナ代表)とアンドレイ・クラマリッチ(クロアチア代表)はコロナ陽性確認のために、パヴェル・カデラベクは近親者にコロナ陽性反応が見られたことから、隔離生活に入ると発表して2週間が経過する。

 感染していた2選手に関しては10日間の休養が与えられることになり、またカデラベクについては2週間の隔離が予定されていたものの、今回の試合にむけていずれの選手ともにまだオプションとはなっていない。

 「ヌフには全く症状は出なかったのだが、クラマリッチについては軽い症状がでた」と、セバスチャン・ヘーネス監督は説明。クラマリッチについては一時的に、軽いインフルエンザの兆候と頭痛に悩まされており、「保健局と情報交換を行っている」とのこと。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報