ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月12日

ホッフェンハイム、更にルディやベルフォディルもコロナ陽性反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 TSGホッフェンハイムが水曜日に発表したところによれば、今度はセバスチャン・ルディ、イシャク・ベルフォディル、そしてコーチ陣の1人からも、コロナテストの結果で陽性反応が見られたことを発表した。ただし別のテストでは決定的とまでは言えない結果が出されたために、再び検査を継続していく必要がある。

 前回の代表戦期間ではアンドレイ・クラマリッチとカシム・ヌフからコロナ陽性が確認され、また親族に感染が確認されたパヴェル・カデラベクも隔離生活へと入っていたホッフェンハイムだったのだが、先週土曜日にはヤクブ・ブルン・ラーセンからコロナ陽性反応が確認。さらに代表参加のロベルト・スコフ(デンマーク)と、ムナス・ダブール(イスラエル)からも確認されたために、ホッフェンハイムでは昨日の練習を急遽取りやめていた。

 そしてこれからホッフェンハイムに残っている選手たちは、「即座に隔離生活へと入る」とのことで、代表先で陽性が確認されたスコフとダブールも既に隔離中。ホッフェンハイムの発表によればこれから、担当当局と蜜に連携をとりながら対応していくとのこと。なおそれ以外にもホッフェンハイムから代表には8人が出向しているが、ちなみにドイツ代表ではオリヴァー・バウマンが、今回の件を受けて隔離生活に入っていることを午後に発表している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報