ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年11月12日

ホッフェンハイムから8人目:フォクトにも陽性反応

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 TSGホッフェンハイムを襲った新型コロナウィルスの波は止まることを知らない。火曜日にはセバスチャン・ルディ、イシャク・ベルフォディル、そしてコーチスタッフの1人から、コロナ感染が発表されたばかりだが、さらにケヴィン・フォクトからも陽性反応が確認されたことが明らかとなった。これでホッフェンハイムでは選手6名、コーチ2名が感染していることになる。それ以外の検査結果は陰性。

 選手6名のうち、ロベルト・スコフ(デンマーク)、そしてムナス・ダブール(イスラエル)については、代表参加先で受けたコロナ検査により感染が判明しており、また週末のヴォルフスブルク戦直前には、ヤクブ・ブルン・ラーセンからのコロナ感染が発表されたばかり。ちなみに前回の代表戦期間では、アンドレイ・クラマリッチ(クロアチア)とカシム・ヌフ(ガーナ)が代表参加中に新型コロナウィルスに感染。さらにパヴェル・カデラべクについては近親者に感染が確認されたために隔離生活へと入っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報