ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月03日

ホッフェンハイム、ヒュブナーに続きカデラベクも年内全休

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでにTSGホッフェンハイムでは主将ベンヤミン・ヒュブナーの年内全休の知らせが届いているものの、セバスチャン・ヘーネス監督に伝えられた悲報はこれだけにとどまるものではなかった。パヴェル・カデラベクもまた、年内残りを全休することが明かされている。

 指揮官はこれからも引き続き主力4バックのうち、CBと右SBでのやりくりを迫られることになった。当初は親族にコロナ陽性反応がみられたために隔離されていたチェコ人DFだったが、その後に復帰を急ぎ過ぎたか、右ふくらはぎに軽度の過度伸展が見られると、再び再始動した際にはまたしてもふくらはぎに負傷を抱える展開に。

 「複雑で厄介な負傷をふくらはぎに抱えてしまったんだ。最小限の組織的なもので長期に渡るものになるとは見られていなかったよ」と、ヘーネス監督は説明。それゆえ「慎重になる」ことは当然であり、「おそらく年内はこのまま離脱することになるだろう」との見通しを明かした。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報