ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月10日

ホッフェンハイム、頼れるベテランGKペントケと延長

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 TSGホッフェンハイムは水曜日、フィリップ・ペントケとの契約を2022年まで延長したことを発表した。アレクサンダー・ローゼンSDは「その仕事ぶり、人間性、非の打ち所がないその姿勢」について高い評価を口にしており、とりわけ守護神バウマンが長期離脱を余儀なくされた「今年のはじめに、その信頼性の高さを実証してくれた、重要なGK陣の一人」との延長に喜びをみせている。

 2019年夏にレーゲンスブルクから加入し、これまで3部で174試合、21部58試合でプレーしてきたベテランについて、ミヒャエル・レヒナーGKコーチも、「フィリップは、日々の取組みの中で、との卓越した内面性を示してくれているよ」と称賛し、「まさにチームプレイヤーであり、高い志をもってタスクにしっかりと取り組んでくれている」と言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報