ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月16日

ホッフェンハイム、守護神バウマンがライプツィヒ戦出場へ

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 まだ正式は発表こそなされていないが、先日に行われたバイヤー・レヴァークーゼン戦後、「相手が12人だった」と、主審のマルティン・ペーターゼン審判員への批判を口にしていたオリヴァー・バウマンだが、どうやら出場停止は免れることができそうだ。

 試合後にセバスチャン・ヘーネス監督も、ミスジャッジによる守護神がみせた苛立ちに理解を示しており、どうやらドイツサッカー連盟側の判断でも、本日水曜開催のライプツィヒ戦では、ホッフェンハイム側はバウマンが引き続き出場が可能とみている。ただし罰金として8000〜12000ユーロが請求される見通し。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報