ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月28日

ブラウンシュヴァイク、更にヌフとイッテルに関心

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季ここまで29失点と、ブンデス2部最悪の失点数を誇るアイントラハト・ブラウンシュヴァイクは、ブンデスリーガのアルミニア・ビーレフェルトより、ブライアン・ベーレントを獲得することを発表。さらにブンデスリーガから、守備の安定化に向けた補強を検討しているようだ。

 昨季にもブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフへとレンタル移籍し、今夏より復帰するもここまで3試合のみの出場に止まっている、カシム・ヌフだ。そのため25才のCBは再び、残り半年間をブンデス2部で過ごす可能性がでてきている。

フライブルクのイッテルにも関心

 さらにブラウンシュヴァイクではさらにブンデスリーガのクラブから、今度はSCフライブルク所属のルカ・イッテルも候補としてリストアップしている模様。左サイドバックを主戦場とするディフェンダーは、ここまではブンデスリーガではまだ1度もピッチ上に立つことができていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報