ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月27日

肩の手術を受けたスタフィリディスが練習場へ

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨季からの巻き返しをはかり臨んだシーズンだった。TSGホッフェンハイムでの2シーズン目、出直しを目指していたコンスタンティノス・スタフィリディスは確かに、セバスチャン・ヘーネス新監督の下で確実に構想へと含まれていたはずだったのだが・・・。しかしながら9月末に参加した代表戦にて肩に重傷を負い、その後に手術。ここまで離脱を余儀なくされている。

 そのためホッフェンハイムでは左サイドバックへ、ライアン・セセニョンをトッテナムからレンタルで獲得する対応をみせており、一方でスタフィリディスについてはようやく、再び練習場へと姿をみせフルメニューをこなすことをめざし、個別練習ての負荷を徐々に増していっているところだ。だがその一方でホッフェンハイムでの今後の見通しはどうか?
 
 確かにセセニョンは今季いっぱいまでの加入であり、ロベルト・スコフは本来は攻撃的選手。もう1人のオプションである若手ジョンは、本職はあくまでCBの選手ではある。すでにホッフェンハイムでは来季にむけて、ダヴィド・ラウムを既に確保済みではあるが、2023年まで契約を残すスタフィリディスへ引き続きチャンスが与えられることは考えられることだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報