ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年02月19日

ホッフェンハイム、ポッシュがコロナ感染。合計11選手に

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ヨーロッパリーグ32強1stレグ、モルデFK戦の開始直前にTSGホッフェンハイムは、これで通算11人目となるコロナ感染者の報告を行った。ディフェンダーのシュテファン・ポッシュから、検査の結果で陽性反応が確認されたという。本来ならばスペインのビジャレアルにて行われるこの試合に出場するはずだった23才は既に隔離。状態は良好とのことだが、この試合のみならず週末のヴェルダー・ブレーメン戦も欠場することになる。なおそれ以外の選手たちからは全員陰性が確認されたという。

 昨秋には大量のコロナ感染者を抱えていたホッフェンハイム。アンドレイ・クラマリッチとカシム・アダムスが、代表選参加期間中に感染したのを皮切りに、パヴェル・カデラベクが近親者より感染報告がなされたため隔離。その後2人のデンマーク人選手、ロベルト・スコフとヤコブ・ブルン・ラーセンの感染が明らかになり、ムナス・ダブール、セバスチャン・ルディ、ケヴィン・フォクト、イシャク・ベルフォディル、そしてサルギス・アダムヤンも感染が報告された。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報