ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月01日

ホッフェンハイム、大量離脱の中でクラマリッチが再負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜日に控えるブンデスリーガ第27節にむけて、わずか3名だった相手のアウグスブルクとは対照的に、12人の代表選手不在の中で準備を進めてきた、TSGホッフェンハイム。だが問題はそれだけに止まるようなものではなく、セバスチャン・ヘーネス監督は大量の離脱者を抱えるなかでの対応も求められているところだ。

 アンドレイ・クラマリッチは再び足首の問題を抱えており「怪我が最初してしまった。少し捻挫を抱えているところだ」と、木曜日のプレスカンファレンスにてコメント。そのほかの攻撃陣では、「バウムガルトナーは代表戦3試合でフル出場した疲労」を抱え、サルギス・アダムヤンについては「ハムストリングに問題を抱えている」。イスラエル代表ダブールは長距離移動による負担もあり、「間に合うか見極めなくてはならないところだ」

 さらに「マルコ・ジョンに関しては、マインツ戦から股関節を痛め復帰したばかり。ケヴィン・フォクトはふくらはぎを痛めて回復をみせてはいるものの、まだ両選手とも様子見」だという。加えて背中に問題を抱えている、イシャク・ベルフォディルに関しても気になるところであり、いずれにせよ長期離脱中にあるヒュブナー、ビチャクチッチ、スタフィリディス、ガイガー、ノルトヴァイトは不在となる。

アウグスブルク戦での先発予想:バウマン – フォクト, グリリッチュ, リチャーズ – カデラベク, サマッセク, ジョン – ルディ, バウムガルトナー – ベブー, クラマリッチ
負傷,etc.:ビチャクチッチ (十字靭帯断裂), ガイガー (大腿の腱の手術), B.ヒュブナー (足の手術), ノルトヴァイト (復帰途中), スタフィリディス (足の負傷)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報