ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月24日

ホッフェンハイム、苦しいCB事情もアダムス起用せず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 セバスチャン・ルディ、ケヴィン・アクポグマ、ミヤト・ガチノヴィッチ、マルコ・ジョンが欠場となり、ケヴィン・フォクトの出場もいまだ疑問視される状況にあってもなお、TSGホッフェンハイムにおけるカシム・アダムスの立場に変化はない。これほどの状況に陥りながらもセバスチャン・ヘーネス監督は、遅刻するなど規律面にも問題をみせるガーナ人DFを第25節を最後に見送っているところだ。「ただこれはあくまで、パフォーマンス自体の問題だがね」

 そのため契約を2023年まで残す同選手へのこの対応は、あくまで一時的なもので更なる奮起を促してのもなのか、それとも同様に出場が見送られ既に将来性が失われているジョシュア・ブレネットど同様の立場に位置してしまったということなのかは、今後の展開を見守っていくしかない。ただ流れとしては道を分かつ展開だとはいえるだろう。なお先日のグラードバッハ戦にて負傷を抱えた、MFディアディ・サマッセクの出場も危ぶまれている所。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報