ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月05日

ホッフェンハイム、ポッシュがフルメニューに参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 TSGホッフェンハイムは複雑な面持ちで、今回の小休止へと入っていた。ここのところ続いていた不振から、一転して4試合連続で勝ち点を重ねて一息ついたのも束の間、そのフライブルク戦にてCBコンビを形成する、シュテファン・ポッシュとクリス・リチャーズが共に、負傷交代を余儀なくされたためである。

 ポシュは腰に問題を抱えてハーフタイム中に、そしてリチャーズは左大腿の負傷により後半77分にピッチを後にしていたのだが、しかしながら両選手ともに組織的な損傷は確認されておらず、伝えられるところではポッシュは既に、フルメニューをこなすまでに回復。ただリチャーズはまだこれからという状態で、こちらについては土曜日のシャルケ戦は厳しいところだろう。

 ただしヘーネス監督にとってみれば、CBのオプションとしてはまだ軽度の負傷が残っているとはいえ、その両選手と交代で投入されたノルトヴァイト、フォクトらのフィットネス面も改善。ポッシュも含め、むしろ選択肢が増えた状況といえる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報