ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月13日

ホッフェンハイム、バウムガルトナーが残り2試合を欠場

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 TSGホッフェンハイムはこれからのリーグ戦残り2試合において、クリストフ・バウムガルトナー不在で臨むことを余儀なくされた。21歳のMFは練習中に足首を負傷しており、ローゼンSDは「非常に残念だ。彼はチームにとって頼れる選手の1人なんだ」とコメント。「これから最善の治療を受けられるよう全力でサポートする」と語っている。
 
 今季リーグ戦31試合に出場して6得点、5アシスト、kicker採点平均3.28をマークしている同選手は、同僚のシュテファン・ポッシュや、フロリアン・グリリッチュと共に、今夏に開催されるユーロ2020に向けて、オーストリア代表の一員としての参加を目指しており、「そのためにとにかく頑張る」と意気込みをみせた。

ブレネットは戦力外


 ジョシュア・ブレネットにとってのTSGホッフェンハイム時代は、ようやく終幕の時を迎えることになるようだ。「彼は契約下の選手だよ」と強調していたヘーネス監督ではあるのだが、「今季は1試合のみの出場で、ずっとメンバーにも入ることができていない」とコメント。

 そして最終的には、今回の隔離合宿への参加さえも見送られている。指揮官は「ひとまず今は、一足早く家族の下へと戻り、そして来季について思いを巡らせることになるだろう」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報