ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月02日

ホッフェンハイム、サマッセクからコロナ陽性反応が確認

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ディアディエ・サマッセクが新型コロナウィルスへと感染したために、TSGホッフェンハイムの練習再開には参加しなかったことを、木曜日にクラブ側が発表した。2019年にザルツブルクからホッフェンハイムに加入した25歳のMFは、フランスにて受けた検査の結果で陽性反応が確認されたという。

 ブンデスリーガの中で、昨シーズンは特に新型コロナウィルスの影響を強く受けることになったセバスチャン・ヘーネス監督だが、今回はブンデス52試合に出場してきた主力選手が、シーズンの幕開け早々に不在という中でスタートを切ることを余儀なくされている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報