ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月21日

ホッフェンハイム、ノルトヴァイトが再び負傷

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ハヴァルト・ノルトヴァイトは新シーズンへと入った今もなお、負傷の問題に悩まされ続けている。2019/29シーズンの終盤で足を骨折し、昨シーズンの大半を棒に振っていたノルウェー人ディフェンダーは、損傷した足の痛みに幾度となく苦しんできており、そのため再生のために十分な時間をかけるため早期にシーズン全休を決意。回復に努めていた。

 そしてそれが功を奏する結果となり、とくに支障なく新シーズンに向けた準備に勤しんできたものの、しかしながら再び不運がノルトヴァイトを襲った。夏季合宿3日目に午前の練習を途中で切り上げており、アダムヤンとの対人戦後に右大腿を掴んだ同選手は、応急措置を受けた後に自力でピッチを後にしている。おそらくは中程度レベルの筋肉系の負傷とみられ、今季がホッフェンハイムでのラストシーズンとなるノルトヴァイトにとっては、残念な負傷ということになってしまった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報