ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月20日

堂安律、ホッフェンハイムと既に移籍交渉か

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 スカイが報じた情報によればTSGホッフェンハイムが現在、堂安律の獲得を検討しており、すでに具体的な交渉へと入っているという。それによれば日本代表MFは、セバスチャン・ヘーネス監督との話し合いも行なっており、”両者は波長が合い、移籍の成立を望んでいるようだ”とも報じた。

 ただそれと同時にまだ2024年までの3年契約を残すPSVアイントホーフェンとは、クラブ間では移籍金で合意に至っておらず、昨季のビーレフェルト移籍と同様に買い取りオプション付きでのレンタルの可能性も指摘。

 だがその前にホッフェンハイムとしては、オフェンスの選手を何人か売却したいとも考えているようだが、それでもスカイでは昨季にブンデス5得点3アシストをマーク、昇格組ビーレフェルトの残留に貢献した23歳について、来週中にも合意に至る可能性があるとの見方も示している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報