ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年10月22日

ホッフェンハイム、カデラベクが「少なくとも3週間は離脱」

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先週の金曜日に行われた1.FCケルン戦にて、相手選手キングスレイ・エヒジブエに対して少し遅れてタックルを仕掛けたことから、警告を受けたパヴェル・カデラベクだったが、さらにこの時に右足首を負傷。そのままピッチを後にすることになってしまった。

 それから詳しい負傷に関する情報は明かされていなかったのだが、木曜日になりセバスチャン・ヘーネス監督は、「足首を負傷している。靭帯損傷というのが、私が得ている情報だ」と説明。「しばらく、少なくともむこう3週間は離脱することになるだろう。それより数週間延びるかもしれない。」と言葉を続けている。

  昨季はコロナ感染により離脱、急ぎ回復をはかった結果筋肉系の問題を抱えるなど、前半戦の大半を棒に振ってしまった同選手は、今夏のテストマッチにてふくらはぎを負傷し、開幕3試合を欠場。ただ第4節より途中投入されて以降は、4試合続けて先発出場を果たしており、第6節ヴォルフスブルク戦では1得点、1アシストの活躍をみせていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報