ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年02月01日

ホッフェンハイム、ガチノヴィッチをパナシナイコスにレンタル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 TSGホッフェンハイムは月曜、マティヤ・ガチノヴィッチがギリシャ1部パナシナイコス・アテネに、レンタル移籍することを発表した。パナシナイコス側によれば買い取りオプションは付随しておらず、今シーズンいっぱいまでの期限付きとなっているという。ホッフェンハイムとしてはここのところ得られていたなかった、実践感覚を取り戻すことが期待されているところだ。

 2017年のドイツ杯決勝でバイエルンを相手に勝ち越し弾をマークしたセルビア代表MFは、2020年夏にシュテフェン・ツーバーとの入れ替えでTSGホッフェンハイムへと加入し、これまでブンデスリーガ27試合に出場。しかしながら今シーズンはわずか4試合の出場のみにとどまっているところだった。なおセルビア代表ではこれまで、23試合に出場して2得点をマークしている。

【元指揮官シュロイダー氏がアダムヤンをレンタル】

 TSGホッフェンハイムはより多くの出場機会を求める、サルギス・アダムヤンの希望を聞き入れる形で、ベルギー1部クラブ・ブルージュへとレンタル移籍することを発表した。なおそこではかつてホッフェンハイムにて指導を受けていた、アルフレッド・シュロイダー監督との再会を果たすことになる。

 【ブレネットはトウェンテ】

 また2018年にPSVアイントホーフェンから加入したジョシュア・ブレネットも、ほっフェンハイムではなかなか期待に応えられず、3年半をへて再び母国へと復帰することに。これからはトウェンテ・エンスヘーデにて再起をはかることになる。
 
【クラウス、シントトロイデンにレンタル】
 
 その一方でホッフェンハイムは、ベルギー1部スタンダール・リェージュとのジョアン・クラウスに関するレンタル契約を早期に解消し、さらに同じくベルギー1部シントトロイデンへと再レンタルすることを明らかにした。2017年にブラジルからホッフェンハイムへと渡ったアタッカーだが、ここまではまだドイツでの地位を確立することはできていない。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報