ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年07月15日

ホッフェンハイム、ローゼンSDと2025年まで延長

TSG 1899 Hoffenheim
TSGホッフェンハイム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 アレクサンダー・ローゼンSDが引き続き、TSGホッフェンハイムの協議部門を率いていくことが金曜午前に明らかとなった。クラブ側は同SDとの契約を2025年まで更新したことを発表している。43歳のローゼン氏は2013年からこの役職に従事、これまでたびたび欧州の舞台にも導く手腕を発揮してきた。

 「クラブがこのような素晴らしい発展を遂げたのは、彼の名前を密接に関係しているものだよ」と、マネージングディレクターのフランク・ブルール氏はコメント。その功績を称えている。「この契約期間だけでも、いかにアレックスがうまく仕事ができる人間で、そしてその仕事ぶりがこのクラブでいかに評価されているかがわかるというものだよ」

 一方でローゼンSDは「今回の契約延長が意味するところは、信頼の大きさというだけでなく、同時に私がいかに大きな喜びと情熱、識別力をもってこの仕事に携わり続けているかの証でもあると思う。このクラブのために心を熱く燃やしているし、このクラブの未来を形成し続けていくことは特権であるとも感じているよ」と喜びを表現した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報