ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月08日

セルヒオ・ラモス、今度は腱断裂。ユーロも欠場か

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 おそらくスペイン代表は今夏のユーロ2020において、主将セルヒオ・ラモス不在で臨むことを余儀なくされるだろう。所属するレアル・マドリードによれば、同選手は左足に腱断裂を抱えており、離脱期間については特に明かされてはいないものの、数週間単位での離脱を余儀なくされることになる。

 特にラモスにとってはこれは今シーズン、11月20日のドイツ代表戦での右大腿二頭筋を損傷、1月後半から3月はじめまで左膝の手術を受けて欠場しており、4月はじめのコソボ代表戦では左ふくらはぎの筋肉を損傷。コロナ感染も乗り越えてきたが、更に今回の腱断裂により35歳のDF、今季をリーグ戦15試合、CL5試合の出場で終えることになった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報