ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月09日

マンU、ファンの抗議運動でスポンサー探しも難航

ドイツ以外のニュース
インターナショナル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日のリヴァプール戦での試合開催中止に続き、マンチェスター・ユナイテッドのファンたちの攻撃運動が、さらにマンチェスター・ユナイテッドの財務を苦しくしているようだ。英紙オブザーバーが伝えたところによれば、The Hutグループが提案されていた取引からの撤退を決断したという。

 マンチェスターに本拠地を置く同企業は、6月末日で契約が切れるAONと入れ替わる形で、10年間で2億ポンドを支払い、練習着のスポンサーになると報じられていたものの、ファンたちによるオーナーのグレイザーファミリーへの大規模な抗議活動が躊躇させたとのこと。

 現在マンチェスター・ユナイテッドのファンたちの間では、「notapennymore」(1ペニーも無駄にしない)とのハッシュタグを用いて、マンチェスター・ユナイテッドの主要パートナーであるアディダス社、タグ・ホイアー社、キャドバリー社などの不買運動をオンラインで展開しているところ。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報